トップページ> 基本操作 > 基本の基本

Editモードでの視点操作 Zbrush3.5

 ToolのEditモード(ショートカットキー T)での視点変更についてまとめておこうと思う。

■ドキュメント全体の視点変更

 編集中のツールだけではなく、ペイント済みのドキュメント全体に関する視点操作だ。Editモードかどうかは関係なく使うことができる。

  • Scroll : Scroll Document ドキュメントをスクロール
  • Zoom : Zoom Document ドキュメントをズーム
  • Actual : Actual Size ドキュメントのスクロール/ズームをリセット (ショートカット:0 ゼロ)
  • AAHalf : Antialiased Half Size ドキュメントを半分のサイズでアンチエイリアス(ショートカット:Ctrl+0)

■編集中オブジェクトの視点変更

  • Local : Local Transformations (?よくわからない。回転の中心が変わる)
  • L.Sym : Local Symmetry (?よくわからない)
  • Move : Move Edited Object (ショートカット:「.」) 編集中のオブジェクトを平行移動。クリックのみで画面中央に移動
  • Scale : Scale Edited Object  編集中のオブジェクトを拡大/縮小
  • Rotate : Rotate Edited Object 編集中のオブジェクトを回転。SHIFTを押しながらの操作で45度刻みに回転
  •  XYZ XYZ軸 自由な方向へ回転可能にする
  •  Y  回転方向をY軸回転に限定(?)
  •  Z  回転方向をZ軸回転に限定(?)

 Move、Scale、Rotateは、アイコンをドラッグするような感じで操作。

 「.」:ツールを画面中央に移動と、SHIFTを押しながらRotate:45度刻みで回転はよく使うので覚えておこう。

■マウスを使った視点変更

 特殊な操作が多い。マウス+SHIFT or ALTのみで色んな操作が実現可能になっている。格闘ゲームの必殺ワザコマンドのようなのもある。上級者向け?

  •  右クリックしたままにして…
    •  →背景部分で左クリック。左右のマウスボタンを放さずにそのままドラッグ ドキュメントをスクロール
    •  →編集中のオブジェクト上で左クリック。左右のマウスボタンを放さずにそのままドラッグ 編集中のオブジェクトを平行移動
  •  ALTキーを押しながら、背景部分をドラッグ 編集中のオブジェクトを平行移動
  •  SHIFT→ALTをすばやく順番に押す(同時押しはダメ) SHIFTを押しっぱなしにしているのと同じ効果。回転が常に45度刻みになる。もう一度SHIFTを押すと解除。
  •  ALT→背景部分をクリック をすばやく順番に行う(同時押しはダメ) 編集中のオブジェクトを画面中央に移動
  •  ALTを押しっぱなし→背景部分をクリックしたまま→ALTを離す→ドラッグ 編集中のオブジェクトを拡大/縮小
関連:

次のZSphereの基本の基本へ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> 基本操作 > 基本の基本 もくじ