トップページ> その他 > わからない

Poser用のディスプレイスメントマップ作成がうまくいかない

 手順自体は、Hiroshi Yoshii _The Daily Work: ●ZBrush2のディスプレイスメント&ノーマル・マップについてを参考にやってみた。

 Poser7のサイモンの頭部をZBrushにインポート後、作業開始。

  1. GeometryのDivideボタンを数回クリックして、SDiv4に。見かけ上のポリゴンが超なめらかに。
  2. 目の下、ほっぺたなどをスカルプト。
  3. GeometryのSDivを1に戻す。ポリゴンの荒さが元に戻る
  4. (意味はわかんないけど)Geometryのcageをクリック。(1.で作業した形状が荒いポリゴンに反映される?)
  5. DisplacementのDPRes(マップの解像度?)を2048に、意味はわかんないけどAdaptiveとSmoothUVをクリックし、Create DispMapをクリック
  6. 画面上部のメニューから、Alphaを選択、作成されたDispMapを選択し、Make Texをクリック。Textureに画像が作られる
  7. 画面上部のメニューから、Textureを選択、Flip Vで画像を上下反転(何故か上下が逆になるため)し、Export
  8. Poserのマテリアルルームで、頭部のマテリアルにDisplacementMapを接続し、レンダリング


▲な、なんだこりゃあ

 ちなみに、マテリアルはこんな感じ。赤線部分が、追加した箇所だ。

 -x+0.5という演算をして、ディスプレイスメントマップが-0.5~0.5の範囲になるようにしてある。(参考:trashcan: ディスプレースメントマップの使い方

 ZBrushで書き出すときに白黒反転しておけば、x-0.5でもOKだったかも知れない。

 とりあえず、何か進歩したらまた追記することにして、ここはわからないまま先に進むことにしよう。

関連:

次のZbrushで3Dペイントしたイメージをテクスチャとして書き出すメモへ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> その他 > わからない もくじ