トップページ> ニュース > 販売情報

日本語チュートリアルDVD ZBrush3.1 Lesson 基本編が発売

→ ZBrush3.1 Lesson 基本編 (Windows専用 税込6,980円)

 若干関西弁のイントネーションの日本語音声で、画面操作を見ながらZBrushの基本操作が覚えられる。リンク先に、いくつかサンプルがあるので見てみると、これが結構わかりやすい。

 「シンメトリー」の解説なんかは、「そんな機能があったとは!」と驚いてしまった。

 約7,000円って高すぎなんじゃないの?と思ったが、これぐらいビッチリ解説されているならいいかと思って、注文することにした。

目次

  1. スタートアップスクリーンとユーザーインターフェイス 
  2. キャンバスのナビゲーション
  3. ユーザーインターフェイスのカスタマイズ
  4. スタートアップ3Dメッシュとポリメッシュ3D
  5. ポリゴンの分割
  6. 特殊な分割方法 
  7. MaskとHide 
  8. ポリグループ 
  9. トランスポーズ 
  10. ポリゴンの法線 
  11. スカルプト 
  12. StandardブラシとInflateブラシ 
  13. FlattenブラシとCrayブラシ 
  14. MoveブラシとSmoothブラシ 
  15. Zprojectブラシ
  16. InsertMesh 
  17. ブラシのアルファ 
  18. ブラシのストローク 
  19. シンメトリー編集 
  20. オブジェクトの管理とサブツール 
  21. レイヤー
  22. モーフ 
  23. ステンシル 
  24. ZSphere 
  25. トポロジー 
  26. ポリペイント 
  27. ディスプレイスメントマップ 
  28. ZMapper 
  29. 2.5Dブラシ 
  30. プロジェクションマスター

(追記)

 三日ほどしてゲット。

 注文ページから注文すると、振込先の情報がメールで送られてくる。振込先口座は、東京三菱UFJの普通口座だった。

 銀行振込みでの前払い、ということだったので東京三菱UFJの口座からネットで振込。振込先も東京三菱UFJだったので、手数料安くなるといいなと思って振り込んだら、振込手数料が0だった。0になる条件はいまいちわからない。

 振り込み後、振り込み人名をメールで返信。特にそういう情報を送れという指示はなかったが、念のため送っておいた。

 その日のうちに振り込みが確認され、三日後にメール便でDVDが届く。

 起動。

 こんな感じのメニューから、チュートリアルムービーを呼び出す。どれもこれも、私の知らない情報であふれていてとっても有意義だったのだが、ただ聞いているだけだとさすがに眠くなってくる。

 これが「基本編」なのか。私は今まで、そんな基本の足元にも達していなかったんだなあ、ということがよくわかった。それとも、「基本編」にしては、割と踏み込んだ内容になっているということかも知れない。とりあえずは、すべてのムービーを見てみることにしようと思う。

 

関連:

次の作例はイマイチだけど、超貴重な日本語Zbrush4チュートリアルへ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> ニュース > 販売情報 もくじ