トップページ> その他 > メモ

OBJデータインポート時に、マテリアル別にパーツを分ける

 マテリアル分けしてあるOBJ形式データを、グループ分けした状態のままZBrushに持ち込む方法。


▲Subtool上で、マテリアルごとに分かれているジャケット

やり方

 画面上部メニュー「Preferences」→Importexportの「Import Mat As Groups」をオンにする。

 obj形式データをToolのImportからインポート

 ToolのSubToolのGroups Splitボタンをクリック

 これでOK。

関連:

次の新感覚のテクスチャ転写型3Dペイント機能、SpotLight (ZBrush4)紹介とざっくりした使い方へ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> その他 > メモ もくじ