トップページ> ニュース > ZBrushニュース

Zbrush4 R2bリリース アップデートのやり方

 Zbrush4のR2bという、細かく刻んできた感じの最新バージョンがリリースされている。

 今回の目玉はファイバーメッシュという機能で、毛が生えてフッサフサな感じを出せるようだ。

 適当に毛を生やしたあと、毛の流れをブラシでコントロールできる感じで、使い勝手もよさそう。

 ただ、どう使うかはチュートリアルなどを必死に見て覚えなくてはいけないんだろうなあ。

アップデートの仕方(ざっくり)

 まず、ユーザの人はアップデートの仕方が「Your ZBrush 4R2b Download」というタイトルのメールで来ているはずなので、確認する。ここでは、メールに書いてあることをざっくり紹介してみたい。

  1. バージョン4R2を使っている人は「デアクティベーション」する。
    Zbrush4R2のライセンスをいったん無効にするという感じだ。これは、Zbrush4Rの画面ジョブメニュー「ZPlugin」のところに「Deactivation」があって、ここからできる。
  2. Zbrush4R2をバックアップする。
    何か不都合があったときのためにバックアップしとけということらしいが、私はめんどくさいので省略した。
  3. pixologicダウンロードセンターで、アップデータをダウンロード。
    Zbrush4R2b Updaterと書いてあるところから先に進むとWin版とMac版を選ぶ所にたどり着く。サイズは約200Mバイト。
  4. zipファイルがダウンロードできるので、解凍して、UpdaterをZbrush4R2の実行モジュールがある場所(私の場合は、C:\Program Files\Pixologic\Zbrush4 R2だった)にコピー&実行。
  5. アップデートが終わったら、起動時に自動的にアクティベーションが始まるので、シリアル番号などを入力してアクティベーションを完了させる。

 まあ、こんな感じ。日本の代理店、株式会社オークのページにも、日本語でのZbrush4R2bアップデート手順があるので、参考にしてみるといいんじゃないだろうか。

 今日のところは、とりあえずアップデータをダウンロード&インストールしたところで、今回の覚書を終わる。

 

 

関連:

次のバグフィックスと細かい改善が主な変更点 ZBrush 4 R3 リリースへ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> ニュース > ZBrushニュース もくじ