トップページ> 基本操作 > 基本の基本

指定範囲の表示・非表示

 ZBrushには、余計なところが影響を受けないよう「隠す」機能がある。一つはマスク、もう一つはこの「指定範囲の表示・非表示」だ。

 操作は独特な感じ。例によって、Poser7のSimonの顔をobjで書き出した物を読み込んでみる。


▲ToolにSimonの顔を読み込み

 CTRL+SHIFTを押しながら、目のあたりを範囲選択
 
→範囲選択した部分のみ表示

 

 続けて、CTRL+SHIFTを押しながら、背景部分をドラッグ
 (もしくは、CTRL+SHIFTを押しながら表示部分をクリック)
→表示・非表示が反転

 

 CTRL+SHIFTを押しながらドラッグし、まずSHIFTのみ離す。その後、ドラッグを解除する
→範囲選択した部分が非表示

 

 CTRL+SHIFTを押しながら、背景部分をクリック
→非表示部分を表示

 ものすごく覚えにくい。しかし、マウスといくつかのキーのみで自由自在にZBrushを扱うためには、こういった操作を覚えていくしかないのだ。慣れれば、メニューからいちいち選ぶよりも格段に効率はいいはずなのだ。まさに粘土をこねるように色んなものが作れてしまうはずなのだ。

 基本操作を覚える前に挫折しないように気をつけつつ、今回の覚書を終わる。

関連:

次のQuick 簡易表示へ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> 基本操作 > 基本の基本 もくじ