トップページ> 基本操作 > 小技

マテリアルを定着

 SubToolごとにパーツを分けた場合、それぞれのパーツに別のマテリアルを割り当てたかったのだが、フツーに割り当てるだけでは、すべてが同じマテリアルになってしまって駄目だった。

 実は、パーツごとに「マテリアルの定着化」みたいな作業が必要だったのだ。


▲顔、体、右上の髪(?)に、それぞれ別のマテリアルを定着させた例。

やり方

 SubToolにて、マテリアルを定着させたいパーツを選択状態にする。(下の例だと、一番上のパーツが選択状態になっている)

 画面上部の「Mrgb」をオンにする

 なお、Mrgbにすると「マテリアル」と「色」を両方定着させることになる。色だけ定着させたい場合はRgbを、マテリアルだけの場合はMをそれぞれオンにしよう。

 画面上部のメニューColorをクリックし、「FillObject」をクリック

 これでOK。定着化を行っていないパーツは、マテリアルを切り替えるごとに色が変わるが、この定着化を行えば、ちゃんとパーツごとに異なるマテリアルを割り当てられるのだ。

 うーむ、わかりにくい。わかりにくいけどまあ、そうなっているものはしょうがない。またひとつ、ZBrushに関する知識を得たところで、今回の覚書を終わる。

関連:

次のZBrushで目玉をミラーしてx対称位置に移動させるへ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> 基本操作 > 小技 もくじ