トップページ> 基本操作 > 基本の基本

Editモードでの視点移動 Zbrush4

 Zbrushの操作はバージョンが変わるごとに操作方法が変わっているような気がするが、だんだん洗練されていってるってことか。

視点移動基本

視点の回転 ツール(オブジェクトのこと。Zbrushでは「ツール」と呼ぶようだ)の背景部分でドラッグ


▲これは以前から変わらない

視点の平行移動 背景部分をALT+ドラッグ

ズームイン・ズームアウト ALT+ドラッグ後、ALTだけ離してドラッグ


▲他の3DCGソフトなんかでもまず見ない、特殊な組み合わせ。慣れると便利なのか?

ツール(オブジェクト)を画面にフィット Fキーを押す

 

その他

  • 「Local」をオンにして、背景ドラッグ … 最後にスカルプトした箇所を中心に視点を回転。オフ時にはツールの中心が回転の中心となる。
  • Shiftを押しながら背景ドラッグ … 90度ごとにスナップしながら回転。真正面や真横、真上からの視点にしたい場合に、「だいたい真正面」→「Shift+ちょっとだけドラッグ」で真正面からの視点に出来る。
  • ALT+背景をクリック … ツールがだいたい画面にフィットする。(Fキーと同じ?)

 まだまだ便利なのがありそうな気がするけども、今日はひとまずそんなところで。また新たに発見したら追記することにしよう。

関連:

ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> 基本操作 > 基本の基本 もくじ