トップページ> 基本操作 > 小技

ZBrushで目玉をミラーしてx対称位置に移動させる

 今回は、Subtool内のパーツをx対称位置に置く、という手順を覚書してみたい。 

ざっくりしたやり方

  1. 目玉を作る
  2. SubToolパレットで目玉をDuplicate→まったく同じ位置に目玉が作成される
  3. Tool→Deformation→Mirrorをクリック

 こんな感じ。これでわかる人は、以下の説明をいちいち読まなくていいと思う。

やり方

 顔を適当に作る。Subtoolで、「顔」と「目玉」を別パーツにしてオブジェクトを作る。まずは顔。

 

 続いて目玉(3DSphereなどを呼び出して適当に作ろう)を作ったら、SubToolで「目玉」パーツを選択して、Duplicateをクリック


 画面上、特に変化が現れないように見えるが、実は目玉が全く同じ位置に複製されている。

 

 画面右のTool→DeformationのMirrorをクリック

 x対称位置に目玉が移動する。

 よーくみると、Mirrorボタンの右には「x」と小さく表示されている。クリックしにくいけども、これをクリックするとx,y,zをオン・オフすることができて、y対象位置やz対象位置にもパーツを移動できるのだ。

 Deformationの機能は、なんだかいろんな局面で役立ちそうだが、私はまだ使いこなせていない。まあ、いつもどおりぼちぼちやることにして、今回の覚書を終わる。

関連:

次のCreaseで境界線を縫い合わせる?へ
ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> 基本操作 > 小技 もくじ