トップページ> 機能別 > ZSphere

ZSphereをメッシュに変換

 ZSphereを3Dメッシュ(ブラシでもこもこ加工できる状態のことだ)に変換する手順の覚書。

やり方

 ZSphereで形状を作ったら、キーボードの「A」を押すと、3Dメッシュのプレビューが見られる。これは、Tool→Unified Skinの「Preview」のショートカットだ。

 プレビューなので、このメッシュをブラシでもこもこ加工することは出来ない。加工するには、Tool→Unified Skinの「Make Unified Skin」をクリックして、3Dメッシュ化する。

 ただし、Make Unified Skin化するメッシュとして確定してしまい、もうZSphereには戻れなるので注意しよう。

 ZSphereを生かしたまま肉付けをしていくのが「ZSketch」という機能らしいのだが、これはこれで使い方が難しい。ZSketchについては、またおいおい覚えていくことにして、今回の覚書を終わる。

関連:

ZBrushは、3DCG要素の濃い「ペン先」を使ってひと味違う絵を描くことが出来るペイントソフトです。高精度のモデリングソフトとしての機能も合わせ持っています。
トップページ> 機能別 > ZSphere もくじ